[パズドラ] 進化用タイプ以外の進化素材逆引きリスト(火属性)

最近は究極覚醒進化がやたらありすぎて、さっぱりついていけなくなっちまいましたぜ(´・ω・`)

しかも進化に降臨モンスターばかり要求されるから、一度取りはぐれると次のダンジョンまで進化できなくなってしまいます。

とりあえず来た降臨は回るようにしてるんですが、今度はどれが進化用モンスターなのか分からなくなってしまうっていうね!スフィンクスあたりは分かりやすいんですけど、例えば関銀屏あたりは何匹確保しておけばイイのか~なんて、すぐ浮かばないでしょ!?(答え:2体)

そんなわけで、進化タイプ以外のモンスターの進化素材逆引きリストを作ってみました。

リストアップしてみると結構たくさんいたので、属性毎にページを分けてアップすることにしました。
あまりに多いので、ブラウザの検索機能でモンスター名を検索すると便利ですよ!
※モンスター情報へのリンクは、すべてパズドラ究極攻略データベースさんのページに飛びます。

“[パズドラ] 進化用タイプ以外の進化素材逆引きリスト(火属性)” の続きを読む

[MongoDB] findで深い階層のフィールドを指定して取得する

こんなドキュメントがあったとする。

ここからaddress内のafter要素だけを取得する。ドットで要素名をつなぐだけで気軽に取れる。コレクション名(hogehoge)は適当に読み替えてください。

 

・・・この文章を書いてから、何の気なしにWikipediaのMongoDBのページを見たら、似たような感じの記事があることに気づいて驚きΣ(・ω・`) ドキュメントの構造まで同じっていうね……

Wikipedia – MongoDB  ネストされたフィールドのクエリ

まぁ気にせずうp。

[PHP] ZipArchive::setPassword は解凍専用

だってよ! ついさっき知ったよ!(;ω;)

メソッド名だけ見て、圧縮に使うもんなんだな~と早合点してずっと試行錯誤してましたつらいorz
リファレンスはしっかり読みましょうというお話です。

PHPの公式リファレンスのNoteには以下のように書いてあります。 → http://php.net/manual/ja/ziparchive.setpassword.php

注意:

This function only sets the password to be used to decompress the archive; it does not turn a non-password-protected ZipArchive into a password-protected ZipArchive.

「展開するときにだけ使えるよ!パスワード保護されていないZipを保護する用途には使えないよ!」みたいなことがちゃんと書かれてますね……。

英語の記事でもすぱっと一発で読めるようになりたい。なりたい・・・(´・ω・`)

ちなみにどうしてもPHP上でパスワードを掛けて圧縮したかったら、現状はexec関数でシステムコールを利用するぐらいしか無いんじゃないでしょうか。
参考→http://blogs.yahoo.co.jp/terere4040/31295794.html